犬と本

犬と本

『レックス 戦場をかける犬』から考える、軍用犬の話

以前「盲導犬」「聴導犬」に関する記事をまとめましたが、世の中にはいろいろな仕事をして人を助けてくれるわんこがいます。 軍隊でもそれは同じ。本書で取り上げられているのは、軍用犬、軍犬と呼ばれる犬たちです。 あ...
犬と本

『犬がいるから』知れたこと・かけがえのない日々について

犬と一緒に暮らす幸せ。そしてその大変さ。その全部がぎゅっと詰まった一冊、ご紹介します。犬好きにとっては最高のエッセイ『犬がいるから』は、特に「大型犬と暮らすことに憧れがある人」は必読です。 帯の写真がハリーくん。もう...
犬と本

愛犬と通じ合う理想のミステリ『助手席のチェット』

愛犬が言葉を理解し、自分をサポートしてくれたら…。ツーカーで通じ合い、協力し合って難事件を解決! なんてことになったら…。愛犬家なら一度は空想(妄想!?)するような内容がここにはあります。 ということで、今日は愛犬家興奮間違いなしの...
犬と本

人間と共に歩む犬『空とセイとぼくと』

タイトルに入っている「セイ」が、本書に登場するわんこの名前。個人的に衝撃的だったこの1冊から考えたことを書いておきます。この本、すごく「わんこのことがわかってる」っていう感じのする本でした。 (function(b,c,f,g,a,...
犬と本

あなたならどうする?『逃避行』から考える犬の咬傷事故

こんにちは。最近、ようやく腹を決めました。今日はついに読んだ一冊の、ご紹介です。 ※この記事には、本書の「あらすじ」「最初の10ページ程度までの内容」が含まれています。それ以外のネタバレはありませんが、事前情報を限りなく減らして読み...
犬と本

動物保護ってどんなもの?『ノラ猫あがりのスターたち』

こちら超有名な一冊。すでにご存じの方が多いかもしれません。猫好き、犬好きな方にはもちろん、「保護活動って何をしてるの?」という人にこそ読んでもらいたいのがこの本です。 『ノラ猫あがりのスターたち』 「どんな猫でも、幸せなスター...
犬と本

4月19日は飼育の日・『動物翻訳家』から飼育を考える

419で「飼育(しいく)の日」。これは無理のない、いい語呂合わせ…と思っていたのですが、こちらは2020年に認定された記念日だそうです。 4月19日は「飼育の日」。多摩動物公園が「419しいく」の数字にちなんで2009年からPRして...
犬と本

犬の権利が保障された世界…『さいごの毛布』

『さいごの毛布』を読みました。涙もろいママ、何度か泣きました。わんこ好きにはぜひ読んでほしい、社会派小説のご紹介です。 もうこの表紙だけできゅんとしてしまいます(犬好き)。 あらすじ 主人公の智美が勤...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました