【あなたの家族は大丈夫?】9/1は防災の日【キャンペーン紹介】

スポンサーリンク
犬と時事的な話

日本の国土面積は全世界の0.28%。しかし全世界の災害による被害金額のうち、なんと11.9%が日本の被害額とのこと(国土技術研究センターより)。
そんな「災害大国」日本で暮らす私たちは、自分だけでなく家族のことも考えて防災に努めなければなりません。
その家族には、もちろんわんこやその他の伴侶動物たちも含まれます。

「防災の日」である9/1にちなんだキャンペーンを3つご紹介します。
これをきっかけに、皆さんのおうちの災害への備えについて再度点検しましょう。

スポンサーリンク

9/1 防災の日

多くの被害者を出した「関東大震災」が発生した9/1。
日本ではこの日が「防災の日」と定められています。

コロナという今までにない災禍に見舞われている今、だからといって地震やその他の災害が起きないわけではありません。
改めて環境を見直す必要があります。

我が家は2021年現在シェルくんがほぼ寝たきり。
寝場所はだいたい決まっているので、ひとまず地震が来たときシェルくんの上に物が落ちてこないように、周辺を片づけました。
よく見るとブラッシンググッズや消臭スプレーなど、ぶつかったらケガをしそうなものがちらほら…。
災害は人間が近くにいるときに起きるとは限りません
お留守番中もわんこが安全に暮らせるように、こまめな点検は必須です。

① #犬を守る防災

名称:#犬を守る防災
期間:2021/9/1~9/30
主催:合同会社enkara

こちらはInstagramと連動したキャンペーンです。
防災対策と愛犬を一緒に撮影した写真を「#犬を守る防災」のタグとともにInstagramに投稿すると、「ペット救助依頼マグネット」と「ペットがおうちにいますステッカー」が抽選で3名に当たるとのこと。

留守中に災害が起きてわんこがおうちに取り残されたら…は心配ですよね。
我が家の場合はしいシェルも、おうちに迎えたタイミングで粗品を持って近隣に挨拶して回りました。
特にしいは生後3か月で迎えたため「これから騒がしくなってしまうと思いますが…」とあらかじめお詫びしました。
子犬2頭を預かったときも、同じように挨拶をしてきています。
こうすることで少しでも「あのおうちは犬を飼っていたな。犬は大丈夫かな」と思ってもらえるといいな…と思っています。

また、玄関先に「家に犬がいます」のステッカーもつけています。
我が家が活用したのは、ネットで注文できる表札

名前以外を彫ってくれるサービスはたくさんあります。
気休めかもしれませんが、やらないよりは…と思って掲示しています。

② ペットの防災キャンペーン

名称:ペットのために考えよう ペットの防災キャンペーン
期間:2021/9/1~10/31
主催:アイペット損害保険株式会社

ペットの保険会社「アイペット」によるキャンペーン。
期間中に成約した合計100名に防災グッズが当たるそうです。

被災直後は命を守る行動が重要ですが、そのあと大切になってくるのはやっぱりお金。
使うべきところにきちんと使うためにも、できるところは節約したいですよね。
我が家は先日のシェルくんの入院で、すごい金額が飛んでいきました…。

残念ながら、年齢不明・心臓病治療中の彼の場合はこれからの保険加入は難しいのですが、まだ若いわんこ・にゃんこの場合は一度検討してみるのもいいかもしれません。
(私は資料請求の結果、シェルくんが入れる保険がない! と挫折しました(笑))

③ 水と灯りを贈ろう 防災キャンペーン

名称:「サントリー天然水『水と灯りを贈ろう』防災」キャンペーン
期間:2021/8/27~9/30
主催:サントリーホールディングス株式会社

こちらは特にペットに焦点を当てたものではありませんが、防災のキャンペーン。
大事な人に#最高のおせっかいとして水と灯り(ランタン)を贈ろう、というものです。

人間の備蓄水の他にも、わんこやにゃんこがいればそのための水も必要。
ミネラルウォーターの場合、硬水は結石の原因にもなりうるため注意しなければなりません。

ちなみに、上記のキャンペーンで当たる「サントリー天然水」は全て軟水のようです。
わんにゃんにも安心して飲ませることができますね。
我が家ではネットで安い水を大量購入し、普段の飲み水と備蓄を兼ねています。

スーパーで買うととにかく重いので、通販で届けてもらえるのは助かります。

まとめ:今、防災のための行動を!

私は犬と暮らし始めるまでは「まあ大災害が起きて死んじゃったらそれはそれで仕方ないか…」と思っていました。
でも今は「何があっても絶対死ぬわけにいかない!」と気持ちが180度変わっています。
もちろん可愛い我が子たちのため。

人間の食糧は支援があっても、わんこたちのフードはきっと遅くなるでしょう。
シェルくんは心臓病の薬が欠かせません。
きっと皆さんのおうちの家族たちも、様々な「いるもの」があるはず。
この記事を読んだのをきっかけに、ひとつでもふたつでも防災のための行動ができれば、こんなに嬉しいことはありません。
もちろん、防災はその準備が全部ムダになってしまうことがベスト(‘ω’)ノぜひ最善を尽くしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました